結婚式でもらったプチギフト

今日は、わたしが生まれて初めて参列した友人の結婚式のプチギフトのことを書こうと思います。

最近の結婚式では、参列者が退場するときに、ドアのところで新郎新婦が一人一人手渡しでプチギフトを渡してくれる習慣がありますよね。
わたしは、結婚式に参列するまであまり詳しくは知らなかったのですが、今まで参列した結婚式5回ともプチギフトがあったので、どのようなタイプの式や披露宴でもプチギフトを渡すのがふつうになっているのだと思います。

もらったプチギフトは、クッキーやキャンディーなどのおかしや小さいマグネットなど、色々なものがありましたが、どれもとても素敵でかわいらしいものばかりでした。

そんなわたしがもらったプチギフトの中で一番印象に残っているギフトがあります!
それは、タオルケーキです。普通のハンドタオルがロールケーキのようにくるくる丸めてあって、更に本当にロールケーキかと思うようなラッピングがしてあります。ただ単にかわいらしいビニールの袋に入れてラッピングしてあるとかではなく、コンビニに並んでいるスイーツみたいにちゃんとそれなりのケースに入っていたんです!

で、たぶんみなさんもうお分かりかと思いますが、初めて参列した結婚式でそのギフトをもらったわたしは、本当にロールケーキだと思い、帰宅してすぐ冷蔵庫にしまったんです。ハンドタオルを(笑)

今となってはプチギフトに生ものはあり得ないとわかるんですが、なにせ結婚式が初めてだったのでわかりませんでした。

それで、翌日の朝冷蔵庫からロールケーキ、いや、ハンドタオルを取り出し、さぁ食べよう~となったところで何かがおかしいことに気づきました。明らかにケーキの生地ではない…。なんかわっさわさした毛糸みたいなのが見える…。

はっ!!!!(笑)

あまりの衝撃で自分でも思わず大爆笑。たまたま電話する機会があったので、すぐに友人にも話しました。
プチギフトのハンドタオルを一晩冷蔵庫に入れて保管していたことを(笑)

このプチギフトは、おそらくわたしの人生の中で一番思い出に残るプチギフトです。一生忘れることはないと思います。


赤い糸